鹿鳴人の"イチ押し!"うまいもの

奈良生まれ奈良育ち、奈良のまちを熟知する
松森さんが"イチ押し"する「うまいもの」

  • LINEで送る

大和ぽんず


うまいものプラザの豊富な商品の中で「大和ぽんず」が目にとまりました。
お店の人に伺うとやはり評判が良いそうです。

不老長寿の薬としても使用された歴史のある「大和橘」の果汁を使用。大和ハーブ「当帰」葉エキス入りとシールに書かれています。
材料は、吉野杉大桶仕込みのミヅホの醸造酢、ニシキ醤油、柑橘果汁(大和橘)、大和当帰葉、糖類、食塩、白ワイン、みりん、こんぶだし、などです。
早速特別に試食させてもらいました。
まず野菜サラダ。食べてみると、酸味が強くなく、おいしく野菜が食べられます。当帰葉や橘の風味は控えめになっていますので、ほんのり味わうというところです。

次にカツオのタタキに大和ぽんずをかけて食べてみましたがとても良く合うようです。

キャッチフレーズは「肉料理に合う!」ですが、素麺にも合う!とのこと。
そのほか、ギョウザ、とんかつ、豚バラ鍋、焼き肉、から揚げ、ハンバーグ、豚しゃぶにもおすすめということです。試しに冷や奴にかけてみました。あっさりとしてとても合いました。

なるほど、いろいろな料理が和風にヘルシーに食べられそうです。
発売は奈良斑鳩のしょうゆの老舗、ニシキ醤油さんとのこと。良く研究されていろいろ挑戦されている会社です。これからの季節、とても応用の利きそうな大和ぽんずだと思います。

松森重博氏の顔写真 /

松森重博 氏 1948年奈良県生まれ。奈良女子大学附属中学高校を経て早稲田大学商学部卒業、東京で修行したのち1975年から奈良に帰り、器まつもり勤務。現在、株式会社まつもり社長。
NPO法人「奈良まほろばソムリエの会」理事、奈良商工会議所常議員、奈良市観光協会理事。奈良市中心市街地活性化研究会会長。
奈良もちいどのセンター街理事長他。ブログ「鹿鳴人のつぶやき」

PC表示