ホーム > 鹿鳴人の"イチ押し!"うまいもの > ハウス柿の販売が始まりました

鹿鳴人の"イチ押し!"うまいもの

奈良生まれ奈良育ち、奈良のまちを熟知する
松森さんが"イチ押し"する「うまいもの」

  • LINEで送る

ハウス柿の販売が始まりました

もう柿が食べられます。
まだ梅雨開けしない7月19日、JR奈良駅構内1階の奈良のうまいものプラザを訪ねました。


とても賑わっていました。店頭には早くも柿が並んでいました。


奈良県の西吉野からハウス柿が届いていました。奈良県は和歌山県に次いで日本で二番目に柿の生産量が多いんです。ハウス柿は一番なんです。

袋にはQRコードがついていて、スマホで読み取るとhttp://house-kaki.com/ のホームページに移動し、ハウス柿についてくわしく説明されています。



今年は天候不順のため、すこし色づきが良くないとのお話ですが、早速試食させていただきました。


POPに書いてあるように、甘くておいしい柿でした。これから秋まで長く柿が食べられます。ぜひ、奈良県産の柿を味わってください。

松森重博氏の顔写真 /

松森重博 氏 1948年奈良県生まれ。奈良女子大学附属中学高校を経て早稲田大学商学部卒業、東京で修行したのち1975年から奈良に帰り、器まつもり勤務。現在、株式会社まつもり社長。
NPO法人「奈良まほろばソムリエの会」理事、奈良商工会議所常議員、奈良市観光協会理事。奈良市中心市街地活性化研究会会長。
奈良もちいどのセンター街理事長他。ブログ「鹿鳴人のつぶやき」

PC表示