ホーム > 鹿鳴人の"イチ押し!"うまいもの > 夏のおすすめの一品、冷たいそうめん

鹿鳴人の"イチ押し!"うまいもの

奈良生まれ奈良育ち、奈良のまちを熟知する
松森さんが"イチ押し"する「うまいもの」

  • LINEで送る

夏のおすすめの一品、冷たいそうめん

初夏になりました。「奈良のうまいものプラザ」には店舗の奥に全32席のレストランがあります。

奈良のうまいものプラザ 店内レストラン「古都華」の様子1
奈良のうまいものプラザ 店内レストラン「古都華」の様子2

きょうは、冷たいそうめんをいただくことにしました。

奈良のうまいものプラザ「古都華」冷たいそうめん

新鮮なお野菜がのっています。そうめんだけなら600円+税とのことでしたが、きょうは、おにぎりとそうめんのセットをいただくことにしました(750円+税)。

奈良のうまいものプラザ「古都華」おにぎりとそうめんのセット

薬味に、五條ネギと月ヶ瀬の梅がついています。
そしてサラダのドレッシングもついています。

奈良のうまいものプラザ「古都華」素麺セットの薬味

そうめんは奈良の三輪そうめん。冷たい氷水はつかっていませんでしたので、つゆも薄くなりませんでした。ほどよいゆで加減でおいしくいただきました。生野菜を添えるのも良いですね。

これから夏場にかけて、冷たいそうめんはおすすめです。
また、サラダたっぷりをお求めの場合は、サラダスタンドで好きな野菜を選べる追加セットもあります。(そうめんとおにぎりとサラダセットは1,000円+税です)

奈良のうまいものプラザ「古都華」野菜バイキング

店内にはいろいろな奈良の産品が並んでいますが、本場の三輪そうめんも並んでいました。これから夏のお土産にも喜ばれるのではないでしょうか。

奈良のうまいものプラザ 三輪そうめんの品揃え

松森重博氏の顔写真 /

松森重博 氏 1948年奈良県生まれ。奈良女子大学附属中学高校を経て早稲田大学商学部卒業、東京で修行したのち1975年から奈良に帰り、器まつもり勤務。現在、株式会社まつもり社長。
NPO法人「奈良まほろばソムリエの会」理事、奈良商工会議所常議員、奈良市観光協会理事。奈良市中心市街地活性化研究会会長。
奈良もちいどのセンター街理事長他。ブログ「鹿鳴人のつぶやき」

関連商品

そうめんふし

そうめんふし

「ふし」とは、そうめんを乾燥するときの上下2本の管にかかっていた部分のこと。ゆでて汁物の具やサラダにしたり、揚げておつまみやおやつにしても。
320円(税抜)[三輪山本]

三輪そうめん

三輪そうめん

ご存じ奈良を代表する特産品。三輪山本「白龍」、池利「葛そうめん」「三色そうめん」など各種取り揃えております。
500円~2000円(税別)[三輪山本、池利]

三輪そうめん(寒造り熟成、華五彩)

三輪そうめん(寒造り熟成、華五彩)

寒冷清冽な気象のもとで造り上げ、そうめん蔵でじっくり熟成させた「寒造り熟成」と、紫芋・卵・梅・抹茶の彩りが目に美しい「華五彩」。
寒造り熟成460円、華五彩600円(いずれも税抜)[三輪山本]

三輪そうめん(白龍)

三輪そうめん(白龍)

蔵でじっくり熟成させた、2年物のコシと旨味。ゆで時間約60秒の極細手延べそうめんです。
800円(税抜)[三輪山本]

PC表示